文化・制度

ちょうどいい、居心地のいい島!

ただいま発展中!淡路島の発展を支える企業です!

神戸まで30分!大阪まで60分!

淡路島は温暖で自然が豊か。夜は星や月がよく見える美しい静かな環境ですが、自動車で神戸まで30分、大阪まで1時間と京阪神に近く、ちょっと都会を感じられる丁度いい暮らしができます。

このような好立地に惹かれた企業や人々がぞくぞくと集まり、観光業も更に発展しつつあります。

私たちは、発展しつつある淡路島の将来を支え、今後も変わらず地域社会に貢献していきます。

このような発展しつつある淡路島を支える社員一人ひとりが、長期的に、安定した生活と成長ができる環境が整っています。

以下にその一例をご紹介します。
・退職金制度が充実(自社・中退金・企業年金の三本で支給)
・建築士・施工管理技士等の国家資格取得講座費用全額補助
・借上ワンルームマンション無料(Iターンの場合)
・医療・障害保険に加入
・勤続年数に応じた貸付金制度
・職員共済会制度 その他

仲間同士で“有志の会”を結成しています

各部署や趣味の合う仲間が集まって結成された有志の会。各々がイベントや食事会、旅行などを企画して親睦を図っています。職場(現場)が異なる者同士で情報交換をしたり、仕事を離れた話題で盛り上がったり。互いの新たな一面を知って絆が深まる、という声もよく耳にするんですよ。会にはそれぞれ、淡友会(だんゆうかい:ゴルフの会)、土楽会(どらくかい;土木部の会)などの名前もついていて、皆に親しまれています。新しい有志の会の立ち上げも歓迎します。

≪信頼を支える圧倒的な技術と実績≫

どんな難工事にも突破口を見出します

本州、淡路、四国を結ぶ縦貫道路工事を筆頭に、近畿一円における道路・舗装・港湾・橋梁・トンネル工事等の土木工事、建築工事の実績は挙げればきりがないほど。蓄積された経験とノウハウで、どんな難工事にも突破口を見出していきます。また、社内に重機オペレーターが多数在籍しているため、価格を抑えた柔軟な自社工事が行える点も私たちの強みです。ホームページで施工実績の一部を紹介していますので、是非ご覧ください。

最新機材・特殊重機への投資も惜しみません

顧客や時代のニーズに応えるため、全国でも保有企業が限られるアスファルトフィニッシャー (フェーゲル)や、測量用ドローン、ドローン用測量解析ソフトなど、機材や重機への投資も積極的に行っています。特に近年はICT施工への対応として、二次元データを三次元化する技術の導入にも力を入れています。

≪地域に貢献、島のランドマーク企業としての取り組み≫

ボランティア活動から迅速な災害対応まで、街の安心安全に貢献しています。

淡路島の歴史と共に成長してきた淡路土建だからこそ、地域への貢献は大切な経営信条。近隣の清掃ボランティア活動や災害時の復旧作業など、地域の活動に率先して取り組んでいます。また、周辺の自然環境になじむよう配慮して植樹した敷地内のメタセコイヤ(針葉樹)は、秋になると見事な紅葉で近隣の方からも好評です。わざわざ訪れる人がいるほど綺麗なんですよ。

淡路島を代表する施設の指定管理を行っています。

指定管理制度とは、公共の施設管理を民間企業や地域団体にゆだねる制度。淡路土建は現在、洲本市市民交流センター(スポーツ施設)、淡路ワールドパーク ONOKORO(遊園地)の指定管理を請け負っています。また、うみぞら映画祭で有名な大浜海岸の年間清掃工事も担当。長年蓄積された経営ノウハウを、地域の発展のため惜しみなく活かしています。

≪そして何より快適な人間関係≫

淡路島という自然豊かな環境もあってか、社長はじめ社員一同、おだやかな人が多いのが特徴です。“社員の「和」”を大切するDNAが、みんなの中に流れているとも言えます。社内の行事は家族的に盛り上がりますが、かといって参加を強いる雰囲気もなく、一人ひとりが自立して尊重しあう空気感も心地よいところ。淡路島にゆかりのある人、ない人、関係なく、仲間になってくれる人は大歓迎!会社見学、職場見学、いつでも気軽にお問い合わせくださいね。