MESSAGE メッセージ

島根県の隠岐にある海士町(あまちょう)は人口2300人程の小さな離島です。ここには電車やコンビニなど都会のような利便性はありません。それでも海士町に移住する人は多く、今では人口の1.5割を占める程です。なぜだと思いますか?

その理由には、豊かな自然や人との温かな触れ合いにあることはもちろん、独自の文化が残っていることにあるのかもしれません。海士町は、古くから流人を受け入れてきた長い歴史があり、神楽や祭り、和歌など島の文化を今でも感じることができます。

海士町で生まれ育った者として、島に残る文化を受け継ぎ、子供たちに伝え残していきたい。そんな想いで、島で唯一のパン屋「ときわベーカリー」の事業継承に取り組んでいますが、まだまだ担い手が必要です。

これから働かれる方は、長年ご夫婦で製造を続けてきた山中さんの指導を受けながら、新しい商品開発にもぜひチャレンジしてください。当社スタッフは年齢層も幅広く、島外からの移住者も多いです。移住者の受け入れには何かと心強く、都会とはひと味違った濃い経験も積めるはずです。離島でのパンやお菓子づくりに興味のある方、ぜひ海士町へ来てくださいね。

隠岐桜風舎代表 春馬 清

詳しく見る