FEED

注目記事

2021.04.23 33
豊かな自然に恵まれている[210413-14_桜風舎-114.jpeg] 春馬:当社のある海士町(あまちょう)は、大小180ほどある隠岐諸島の中でも3番目に大きい有人の島です。島の全周は89kmほどあり、車だとだいたい2時間で一周できると思います。 田宮:隠岐諸島が国立公園に指定されていたり、隠岐ユネスコ世界パークにも認定をされるほど、自然が本当に豊かなところです。休日にドライブに出かけて、澄んだ空や海を眺めるだけでも癒されます。島に来てまだ日が浅いので、見たいところはまだまだありますね。 伊藤:海士町には日本名水百選にも選ばれた湧水があります。漁業が盛んで、お米や野菜など、地産地消の食材に恵まれているんです。 千葉:自分で野菜などを育てる人も多いですが、商店に置いている野菜も、生産者の名前がわかるようになっていて親しみが持てます。 移住者も多く心強い。地域の人々との温かい触れ合いがある[210413-14_桜風舎-34.jpeg] 伊藤:海士町は『ないものはない』というキャッチコピーを掲げていて、これには2つの意味が込められているんです。1つは「なくてもよい」という潔さと、「大事なものはすべてここにある」という、海士の人々ならではの考えがあります。「ないからこそ良いんだ」という価値観を大事にしながら、「あるもの」を活かして、知恵と工夫でお互いが助け合いながら暮らしを楽しもうとする精神を持っているんです。 春馬:島外からの移住者は地域の中でも結構なじんでいるし、受け入れを柔軟にしていっている面もあって、今では移住者が人口の約2割に達しているんです。その点でここは住みやすい土地だと思います。 休日もみんないろんなところで活動していますよね。 伊藤:盆踊りや地区対抗の綱引き大会に参加したり、近所の人に呼ばれて鍋を囲んだりと、地元の人たちとの交流も多いです。あとは、雑貨をつくって休日にイベントスペースで展示販売をしたり、アートでつながった仲間と一緒にイベント活動もよくやっています。 [210413-14_桜風舎-62.jpeg] 千葉:私は図書館やイベントスペースなど、島内の施設に出向くことが多いですね。小さな町だから、行った先でも知り合いに偶然会うことはしょっちゅうです(笑)。最近では、個人としてのデザイナーの活動も始めて、学校やイベントで教えたりもしています。 ご近所さんとの交流が多いのも海士ならではですね。日頃から回覧板を届けたり、地区の総会や草刈りなどにも参加していて、何かと気にかけてくださる、面倒見のいい近所の人たちが多いのがありがたいです。 田宮:僕も地区の草刈りや総会などにはよく参加しています。地区の人たちと顔見知りになると、魚や野菜をいただいたりする人情にも触れる機会が増えて島での暮らしがとても楽しくなります。また、僕は直会(なおらい)(一般的には飲み会と言われていますが、海士では直会という言葉をよく使います)を通して、職場の違う同年代の移住者同士で情報交換をすることで、離島での一人暮らしも心強いと感じる場面は多いです。 “春馬:海士という島の町で働く上での魅力はどこにあると思いますか?” [210413-14_桜風舎-41.jpeg] 田宮:島で暮らす魅力でもあり、この会社の魅力でもあるんですが、今までの自分では知り合えなかった人や、年齢を問わずいろんな個性や経験を持っている人たちに出会えて、交流が深めるところだと思います。 千葉:まずは気楽に海士町へ来て、直に見て確かめると良いのかもしれませんね。うちのスタッフは移住者も多いので、もし困ったことがあっても誰かに相談すれば大丈夫。いろんな個性やバックグラウンドを持ちますが、気さくなメンバーばかりで、職場はアットホームな雰囲気です。   島の文化を子供たちの世代に残すために[210413-14_桜風舎-99.jpeg] 春馬:地元の町民は、隠岐神社や後鳥羽院資料館にはなかなか立ち寄ることは無いと感じています。今後は島の方にも気軽にそういった場所に来てほしいし、特に子供たちには、後鳥羽上皇や史跡についてもっと身近になってもらいたいですね。上皇が残した詩歌や俳句を詠める機会も増やせればいいなと思っています。そういう意味では、隠岐桜風舎で観光のお客様も地元の方にも楽しんでもらえるコンテンツ作りを幅広く実施していきたいですね。 伊藤:地元で暮らしていながらも、海士町銘菓「白浪」を知らない、食べたことがないという子供たちが多いのを知った時は驚きました。ちょうど最近、小学生を工房に招いて職場体験を実施しました。70年ある島の食文化を残すために、こういった子供たちに伝える活動は、折を見てやっていきたいですね。 [210413-14_桜風舎-60.jpeg] 千葉:私も観光のお客様と地元のお客様で分断されずに、混ざり合う場作りをしていきたいと思いますね。特に隠岐神社や資料館は観光ルートとして認知されていることもあり、地元の方の声を拾いにくいことがあります。その点、パンの製造が始まってからは、地元の方が朝食で食べるパンを買うために来店する事が増えたので、この同線を生かして地元の方に島の歴史文化を気軽に触れる仕掛けも作っていきたいです。 春馬:移住者の受け入れが多い一方で、島では高齢化が進み、学校卒業後は島から出ていってしまう子供が増えているのも課題です。海士町の魅力を島内外に発信して、現場でも活発に動いていくことで、卒業後に海士町に残って就職したいという人も増えれば良いなと思っています。 隠岐桜風舎で働くことで文化の担い手にもなる[210413-14_桜風舎-80.jpeg] “春馬:隠岐桜風舎での仕事を通じて感じることを聞かせてください。どんな人と一緒に働きたいですか?” 田宮:地元のお客様に世代を超えて親しんでいただくのはもちろん。県外からもわざわざフェリーで訪れたくなるほど、魅力的な味や店づくりができるよう目指したいですね。いずれ自分のお店を持ちたいぐらいの気概のある人に仲間になってもらえたら、想像もしていなかった展開も相まって、成長もきっと早いと思います。 伊藤:単にパンをつくって販売して終わりではなく、山中さんが長年続けてきた島の味や、パンを通じた懐かしい思い出を受け継ぎ、次の世代へつなげる役割を背負っていることも含めて魅力がすごくあります。まずは山中さんのつくってきたパンやお菓子を大切に守りつつ、ここでしか味わえない新たな商品を開発したい意欲もある人と一緒に働きたいです。   [210413-14_桜風舎-160.jpg]
 
2021.05.15 8
こんにちは!採用担当の千葉です!! 今日はうちで作っているパンの写真をたっぷりお見せいたします! 普段は袋に入れて販売されていますが。。。こうやって撮ると、同じパンでも見え方が変わってきますよね。 写真はプロの方、そしてうちのスタッフによるものです♪ 是非最後までご覧ください☆ [04070685.jpg] [04070677.jpg] [04070682.jpg] [バレンタインケーキ1.jpg] [食2.jpg] [サンド盛り1.jpg] [チーズ2.jpg] [チップハード1.jpg] [デニ1.jpg] [ネジネジ1.jpg] [パン皿皿.jpg] [パン大皿2.jpg] いかがでしたか?? 皆さんも自分で作ったパン達を可愛く&かっこよく写真に撮ってみてはどうでしょうか?? ★6月会社説明会強化中★ 島で働いてみませんか?6月は週に2回の説明会を設定しています。 ご興味のある方はお気軽にご参加ください♪
千葉 梢
2021.06.06 3
隠岐桜風舎の千葉です! 5月末から開催してきたオンライン説明会ですが、6月も定期開催をいたします。 桜風舎での働き方はもちろん、島での生活や海士町についてのご紹介もさせていただきます。 ご興味のある方は、ご希望の日付から説明会へお申し込みくださいませ。 また、事前に質問などありましたらメッセージにてお聞かせください。 【6月実施日】 6/5・8・12・15・19・22・26・29 15:30~16:40 「Microsoft Teams」を利用してオンラインで開催いたします。 スマホから参加の場合は、専用のアプリをダウンロードしておくと便利です。 皆様のご参加をお待ちしております! ◆ご興味のある方は、事前に隠岐桜風舎のHPもご覧ください◆ https://okiofusha.co.jp/ 弊社は、製菓・製パン以外の事業にも取り組んでいる会社です♪
千葉 梢
2021.06.06 3
こんにちは、隠岐桜風舎の千葉です! そろそろ就職活動の動きが出てき始めた時期・・・キャリアマップをご利用の皆様はどのようにお過ごしでしょうか?? さて、弊社は6月5日に島で開催された「まるどマーケット」に参加してきました! まるどマーケットは最近始まった朝市で、海士町の玄関口「菱浦港」にて開催されます。 島のお野菜や焙煎したコーヒー、手作り弁当など。。。その日の参加者によって出店内容も様々です!! そこで、今回は初めて隠岐桜風舎の「つなかけ」として出店してきました! 焼き立てのバケットと食パンラスクを中心に、島の皆さんに商品をお届けしました☆ 実際にパンを作っている伊藤が店番です! 「つなかけ」ロゴ入りのキャップが似合っている! [まるど (4).jpg] 対面販売でお話しながら商品を売るのはやっぱり嬉しいですね! バケットのおすすめの食べ方や、サンドイッチに挟むものなど・・提案しながら販売してました。 [まるど (1).jpg] 今回は食パンをスティック状にカットした「食パンラスク」を初めて出品。 1度にたくさんの数が作れる食パンは、余ってしまったり、サンドイッチで活用が必要になったり・・ 作る量と販売していく数の判断が難しいこともあります。 そんな中で、食パンの活用方法としてラスクが誕生!他にも活用方法がないか・・現在思考錯誤中です。 [まるど (2).jpg] りんごじゃない「ヤキリンゴパン」もやってきました! ・・・かわいい・・・! [まるど (3).jpg] 朝の8:30-11:00ごろまでの開催の朝市。 お天気にも恵まれてたくさんのお客さんが来て下さったようです☆ 毎月第一土曜日に実施しているので、来月はどんな商品が出てくるか・・・私も楽しみですね!   ◆◆説明会、実施しています◆◆ 6月は土曜日・火曜日に定期的にオンライン説明会を開催しています。 離島での仕事、島のパン屋さんに興味がある方、お気軽にご参加下さいね♪ 本エントリーも開始しています!!!
千葉 梢
2021.05.15 4
こんにちは、隠岐桜風舎の千葉です!! 月末の説明会には多くのお申し込みをいただき、ありがとうごうございます。 離島という未知の場所への興味を持ってくださる方がいるのを感じ、驚きと同時に嬉しく思っております! 説明会についてはまだ申し込み受付中です♪ぜひお気軽にご参加くださいね。 “★5/21 隠岐桜風舎 説明会★” →追加開催の日程を設けました! 詳しくはこちら “本日はレトロパンワールド!!!” ということで、皆様にとっては新鮮!?島の方にとっては懐かし&お馴染みの、 島で唯一のパン屋さん「ときわベーカリー」のレトロなパン達をご紹介いたします。 もともと店舗を構えておらず、町の商店や小学校の給食で使うために配達して届けていたパン達。 こんな木箱に入れて運んでいたようです。 [木箱に入れて各商店に運んでいたみたい。今でもこの箱はいくつか使っています。] レトロなパッケージ、すごくかわいいんですよね!!!! こちらはメロンパン♪ [アートボード 1 のコピー 9.png] バタークリームパン。バタークリームは皆さんの授業で取り扱うことはありますか?? とっても甘いパンです。 [アートボード 1 のコピー 4.png] こちらは食パン。 長く使ってきたレトロデザインのパッケージ達ですが、実は在庫が少なくなりつつあり、種類によっては再販が難しい可能性があるんです。 もし、無くなってしまったときには桜風舎で新しいパッケージを作ろうと思っておりますが、やっぱり今までの「レトロかわいい雰囲気」は残したいですね。 自分たちで新しいデザインを作ったら、Tシャツやエコバックなど、雑貨類のデザインとしても展開したいところです。 [アートボード 1 のコピー 8.png] そして不思議な「ヤキリンゴ」。 リンゴの絵とAPPLEの文字はありますが、実はリンゴの味はしないです・・・笑 メロンの味のしないメロンパンみたいなものですかね??リンゴサイズのまあるいパンってことだと私は思っています。 ブッセのようなフカフカの生地で、薄くクリームが挟んであります。 パンというより・・焼き菓子の方が近いかな??お菓子やデザート感覚で食べたくなります♪ [アートボード 1 のコピー 7.png] ほかにもカステラがパンに挟まっている「かすてらぱん」や「たぬきケーキ」なんていうのも、昭和のある時期には良く作られていたパン・菓子が今でも残っています。桜風舎では、こういった今まで作ってきたパンを継承する一方で、新しいパンも開発中です。 こういった背景を知った上で、パン・菓子作りに向き合うと、また違った感性やアイデアが思いつくかもしれません。 新旧織り成す時間の中で、桜風舎らしいパンを今後は確立していきたいですね!! 新しいパンだけではなく、「古き良き」に魅力を感じる方、まずは会社説明会からご参加ください。 説明会にてお会いできることを楽しみにしております! ★参加受付中★5/21 隠岐桜風舎 説明会★ 詳しくはこちらへどうぞ
千葉 梢
2021.05.04 9
こんにちは、採用担当の千葉です。 この度、既卒・2022年卒業の皆様に向けて、隠岐桜風舎のオンライン説明会を実施いたします! なかなか来ることが難しい離島・・・ そもそも海士町(あまちょう)ってどんな場所・・? 働くことも気になるけど、生活はどうしているの・・・? どんなパンやお菓子が作れるの・・・? 暮らし方から働き方まで、幅広くご紹介させていただきます。 私自身は、東京から移住して8年目になりました。(詳しくはこちらの記事をどうぞ) 都会と島の環境の違いや、島での専門職の生かし方、暮らし方・・・ 皆様の気になる疑問解消、そして「面白そうだな!」「離島もありかも!?」と感じる時間になるよう、ご案内をさせていただきますね。 まだ島根や離島への移住や就職をまっっっっっっっっっっっっったく考えていない方でも(私もまさか島根の離島に来るとは思ってもいなかったです笑)、ちょっぴり話を聞いてみませんか? ぜひ、お気軽にご参加ください♪ 【5/21㈮ オンライン説明会 (45分×5回の設定)】 内容>> 1. 島で働いてみませんか?(10分) 島根県の離島、海士町(あまちょう)ってどこ? 2.島で唯一のパン屋さん(10分) レトロパン・たぬきケーキ・和菓子…そしてこれからの島のパン 3. 弊社は相性が良い人はこんな人!(10分) お互いのベストマッチングのために 4. 質疑応答 申し込み・詳細はこちらから→ 説明会詳細
千葉 梢