会社情報

MESSAGE メッセージ

島根県の隠岐にある海士町(あまちょう)は人口2300人程の小さな離島です。ここには電車やコンビニなど都会のような利便性はありません。それでも海士町に移住する人は多く、今では人口の1.5割を占める程です。なぜだと思いますか?

その理由には、豊かな自然や人との温かな触れ合いにあることはもちろん、独自の文化が残っていることにあるのかもしれません。海士町は、古くから流人を受け入れてきた長い歴史があり、神楽や祭り、和歌など島の文化を今でも感じることができます。

海士町で生まれ育った者として、島に残る文化を受け継ぎ、子供たちに伝え残していきたい。そんな想いで、島で唯一のパン屋「ときわベーカリー」の事業継承に取り組んでいますが、まだまだ担い手が必要です。

これから働かれる方は、長年ご夫婦で製造を続けてきた山中さんの指導を受けながら、新しい商品開発にもぜひチャレンジしてください。当社スタッフは年齢層も幅広く、島外からの移住者も多いです。移住者の受け入れには何かと心強く、都会とはひと味違った濃い経験も積めるはずです。離島でのパンやお菓子づくりに興味のある方、ぜひ海士町へ来てくださいね。

隠岐桜風舎代表 春馬 清

長年愛された味を守る

「ときわベーカリー」の母体は、職人・山中さんの先代が営んでいた和菓子屋「常盤堂製菓舗」。後鳥羽上皇への献上品を模してつくられた銘菓「白浪」をはじめとした、和菓子の製造販売をしていました。現主人の代からパンづくりを始め、半世紀にわたって町の商店や学校にパンを届けてきました。しかし、年齢を重ねていくうちに引退を考え始めていた山中さん。そこで事業継承に取り組むことになったのが、私たち隠岐桜風舎です。
2019年より山中さんから技術指導を受け、島で愛され続けている味を受け継げるよう、日々励んでいます。

島のパン屋の未来とは

一緒に働く皆さんとは、これまでの味を受け継ぐことはもちろん、新商品の開発にも積極的に取り組んでいきたいです。なじみのある山中さんの味を尊重しながら、今の海士町で受け入れられるパンは何か?フードロスなど時代を踏まえたパン作りも考えています。自分のアイデアが“島の味”として長い間愛されて、後の子供たちまで語り継がれる…そう考えるとワクワクしませんか?
また、売り場が近いので、店頭での接客や配達の際には、お客様から生の声を直接いただくことも多く、お褒めの言葉も鋭いご指摘もあなたの糧になるはずです。

会社概要

社名・店名 株式会社隠岐桜風舎 (フリガナ/カブジキカイシャ オキオウフウシャ)
本社所在地 〒684-0403 島根県隠岐郡海士町海士1521-1
TEL 0851422311
FAX 0851421470
URL https://okiofusha.co.jp/
事業内容 ①島の懐かしパン の継承 ②離島の新しいパン の開発 ③隠岐銘菓 白浪 の製造 製造・梱包・発送作業。
代表者名 代表取締役 春馬 清 (フリガナ/ハルマキヨシ)
設立 2015年 12月 22日
事業所数 1
関連会社

株式会社 海士
株式会社 島ファクトリー
一般社団法人 海士町観光協会

「これまで」たたずまいを大切に「これから」を紡ぐ 隠岐桜風舎は、さまざまな視点から「島の文化」を今に伝えます。
時には観光ガイドとして歴史を語り、和歌・短歌・俳句を詠む場をつくり、島のパン・和菓子の事業継承に取り組んでいます。
その活動は、資料館の運営から日本食店の運営まで、多岐に渡ります。
弊社は、これまでのやり方を、丁寧に受け継いでいくとともに、私たちの生きる時代に合わせた商品づくりや人材育成に取り組み、島に残るものが色褪せず、これから先の未来にも息づいていくための方法を提案し続けています。

事業所一覧

お土産と手仕事のお店つなかけ

所在地
〒684-0403 海士町海士1521-1
TEL
08514-2-0717

この勤務地の募集情報を見る