OUR PEOPLE / 社員紹介

パン・菓子製造
伊藤 茜
  • 京都造形大学出身

新卒で離島観光の世界へ飛び込む

もともとは京都の芸術大学で彫金とジュエリーデザインを学んでいました。都会での就職にピンとこなかったなか、ゼミの先生の勧めで自然豊かな海士町で働くことに興味が湧き、7年前に卒業と同時に島に移住しました。
当時は観光協会のスタッフとして、隠岐神社を中心とした島の活性化プロジェクトに関わっていて、観光ガイドを務めたり、日本料理店「離島キッチン海士」の運営にも取り組んできました。後に桜風舎が創立してプロジェクトを引き継ぐことになったので、その時から桜風舎に在籍しています。

UPDATE:2021.04.23

初めてのパン製造で奮闘

当社で2年程前から島で唯一のパン屋さんである「ときわベーカリー」の事業継承がスタートしたのと同時に、私も製造や販売に携わることになりました。彫金を通してものづくりや手仕事には慣れ親しんでいたものの、パンやお菓子の製造経験はもちろんなく、店主である山中さんご夫婦にゼロから教わりながら少しずつ工程を覚えました。
最初の頃は、ご夫婦のあうんの呼吸による作業の素早さに圧倒されるばかり。専門知識がないので、質問したいポイントもわからないぐらい戸惑いましたが、慣れてくるうちに、「こうだからこうするわけですね?」と自分なりの考えも踏まえて聞けるようになってきました。

UPDATE:2021.04.23

島の味を子供たちに伝えたい

ときわベーカリーの店主である山中さんは、パンだけではなく島の伝統銘菓「白浪」も70年近く作り続けています。ただ、驚いたことに、島の子供たちは白浪を食べたことがなかったんです。それを学校の校長先生に相談させていただいたところ、小学生を招いて工房での職場体験が実現しました。今では、こうした「長く続く島の味を次の世代につなげること」と一緒に「今の時代に合う新商品づくり」にも取り組み始めています。この両者のバランスを考えながら仕事に取り組むことにはやりがいを感じますね。また、いずれは彫金やパンの製造経験を活かして、オリジナル雑貨を店頭で販売したいです。

UPDATE:2021.04.23

もっと見る